検索フォーム

プロフィール

表具職人

Author:表具職人
表具・表装(掛軸・修理・修復)を行っています。大阪市の表具店、春榮堂の三代目です。
表具師の仕事が少しでもお伝え出来れば幸いです。

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

国の登録有形文化財 旧木下家住宅 書院天井の修復 その3

旧木下家住宅書院天井の修復です。
天井から上張り紙(天井に張ってある紙)を剥がして、工房での作業に成ります。

⑥

やはり小袖の部分は、完全に分離しています。

⑦

天井紙は元々は、白地紙に雲母の揉み紙だったと思われます。
揉み紙の損傷は激しく、裂け目と欠損が多数見受けられます。
ぐるり2cmは漆喰の天井に直接付いていますが、残り部分は浮いています。
浮いている部分は、特に湿気や空気を呼吸します。
ですので全体的に昭和16年に竣工してから今までの時代の色が付いています。

⑧

上張り紙(天井に張ってある紙)の裏面です。
A4コピー用紙サイズの、浮け紙が格子状に張り付いています。
この浮け紙により、何とか形状を維持出来ていた様です。
※浮け張り・浮け紙【壁や天井部に、薄い手漉き和紙の四方のみに糊を付け張る事】

⑨

所々浮け紙が、上張り紙から剥がれてきています。

⑩

全体に水お与えて、浮け紙を剥がしていきます。
糊の効いている部分は無理に剥がさず、上張り紙に負担が掛からない様にします。


<< 国の登録有形文化財 旧木下家住宅 書院天井の修復 その4 | ホーム | 国の登録有形文化財 旧木下家住宅 書院天井の修復 その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP