検索フォーム

プロフィール

表具職人

Author:表具職人
表具・表装(掛軸・修理・修復)を行っています。大阪市の表具店、春榮堂の三代目です。
表具師の仕事が少しでもお伝え出来れば幸いです。

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

歌舞伎役者 『坂東彌十郎』 押隈(おしぐま)額装

歌舞伎 押隈(1)


この度、坂東彌十郎さんの隈取(くまどり)の額装をさせて頂きました。

※光が反射するので写真撮影時はアクリル板を入れていません。

歌舞伎 押隈 (2)

お客様のご希望通り、額のサイズや額縁や布マットをお決め頂きました。

海老茶色の裂地(布)と黒色の額縁が押隈(おしぐま)に、とても合っています。

※光が反射するので写真撮影時はアクリル板を入れていません。

歌舞伎 押隈 (3)

額装する前の押隈(おしぐま)です。

歌舞伎 押隈 (4)

●押隈(おしぐま)

歌舞伎の特徴的な化粧『隈取り』をした役者が演技を終えて楽屋に戻った後、

汗と紅と白粉の混じった化粧を直接、布や紙などに写し取ったもの。

公演の記念に贔屓の求めに応じて取ることが有る。

歌舞伎 押隈 (5)

押隈は、紙やヌメ(襦子織りの絹布の一種)羽二重等で作られます。

この押隈は『絵絹』で取られており、化粧も立体的に残っています。

また裏打ち後は、押隈がより際立って見えます。

この度は表装をご依頼頂き、誠に有難う御座いました。

| ホーム |


 BLOG TOP