検索フォーム

プロフィール

表具職人

Author:表具職人
表具・表装(掛軸・修理・修復)を行っています。大阪市の表具店、春榮堂の三代目です。
表具師の仕事が少しでもお伝え出来れば幸いです。

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

大型偏額の染み抜き仕立て直し その3

浮け張り

大型の偏額の染み抜き仕立て直しの続きです。

下地を直し、浮け張り【薄い手漉き和紙の四方のみに、糊を付け張る事】を行いました。

浮け張りにより、上張り【今回は金砂子紙】を張った時に下地の粗が目立ちません。

真ん中に置いているのが、3尺差し(90cm)です。やはり大きですね。

大型偏額の染み抜き仕立て直し その2

破れ1
破れ2

大型の偏額の染み抜き仕立て直しの続きです。

本紙(作品・書)を剥がし、上張り(金砂子張り)を剥がすと、

下地(額の本体)が出てきます。

表面から見ても分かりませんでしたが、雨漏りか何かで下地が傷んでいます。

傷んだ紙を剥がして、新しい紙に張り替えます。


大型偏額の染み抜き仕立て直し その1

最初 (1) - コピー

大型の偏額の染み抜き仕立て直しです。

学校の講堂(体育館)の壁(高所)に掛けられていた偏額です。

昔ながらの偏額ですので表面にガラスやアクリルが有りません。

【碎啄同機】の【機】の下にバレーボールか何かが当たったみたいです。

上張り紙は金砂子です。張り替えと一緒に染み抜きも行います。

穴が空いている右側に1m差しを置いてますが、しかし大きいですね。

巾3m10cm 高さ85cm です。


| ホーム |


 BLOG TOP