検索フォーム

プロフィール

表具職人

Author:表具職人
表具・表装(掛軸・修理・修復)を行っています。大阪市の表具店、春榮堂の三代目です。
表具師の仕事が少しでもお伝え出来れば幸いです。

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

着物生地のパネル

着物生地を使ったパネル

お客様の着物の余り生地を、パネルに仕上げました。

画像では色目が分かりづいですが、とても綺麗な生地です。

せっかくなので、ご自身の書のパネルマットにしたいとの御依頼でした。

裂地と本紙を裏打ちし張り込みました。

着物の余り生地の、とても素敵な使い方に成っていると思います。

涅槃図の修復 完成致しました。その2

加工する - コピー

涅槃図の修復終わりました。画像のアップです。

見て頂ければ分かりますが 「中廻し」(ちゅうまわし)が(この掛け軸では赤い所)

肉筆で描かれています。真言宗輪宝も黒い筋も裂地(布)では有りません。

一般の方は、面白いと思われますので、ご紹介させて頂きました。

涅槃図の修復 完成致しました。

修復前 サイズ

以前お話ししていた涅槃図の修復です。

ご予算の加減で、紙表具から並物の裂地に仕立て直し致しました。

『水上の家族』 自費出版致しました。

水上の家族

この度、徳山ひで子が『水上の家族』を自費出版いたしまた。 

「水上の家族」は、昭和24年頃から神戸港で輸出入の荷を積んだ艀船(艀ハシケ)の話です。

戦後の時代背景と共に厳しい海上生活をし子供達を育ててくれた両親、

特に母親の苦労を織り交ぜた作品です。

読売新聞様に取材して頂き、兵庫版に掲載して頂きました。

お陰様で、【神戸市立中央図書館】と【大阪市立図書館】で、

所蔵して頂ける事にも成りました。

貸出も出来ますので、ご興味の有る方は御一読下さい。

| ホーム |


 BLOG TOP