検索フォーム

プロフィール

表具職人

Author:表具職人
表具・表装(掛軸・修理・修復)を行っています。大阪市の表具店、春榮堂の三代目です。
表具師の仕事が少しでもお伝え出来れば幸いです。

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

涅槃図の修復その2

涅槃図修復

以前お話しした、涅槃図の修復です。

掛け軸の仕立て直し(修理・修復)の最初の方の作業です。

本紙(作品の事)の、裏打ち紙(総裏紙)を剥がしています。

この後に、肌裏紙(本紙の裏打ち紙)を剥がしていきます。

これらの行程が、一番気を使う瞬間です。


ファブリックパネルの作り方の、お問い合わせについて。

ファブリックパネル

表具師の仕事は「絶対これだけ!」と言う訳でわありません。

様々な内容の仕事を行なっています。

基本は(掛け軸・屏風・額・襖・衝立・巻物・修理・修復・染み抜き・仕立て直し・壁装・等々)

の表装です。

しかしそれ以外にも、近代の生活様式に合った(クロス・クッションフロア・カーテン)等の、

仕事も行なっています。

その一つに、ファブリックパネルの制作が有ります。

どこで調べたのか当店にファブリックパネルの作り方の、お問い合わせが有ります。

それも含めて、後日詳しく書いて行こうと思います。

第57回表具内装工芸展 大阪府職業能力開発協会賞 受賞作品

ブログ画像

先日ホームページをご覧頂いた方から、『大変素敵な表装ですね』と

お褒め頂きましたので、ブログでもご説明致します。

この掛軸の表装は、第57回表具内装工芸展にて大阪府職業能力開発協会賞、

軸装部門を受賞した時の表具です。

掛軸には決まりとなる形が有ります。この掛軸の形は、(草の行)と言う形式です。

厳正な審査をして頂きこの様な大阪府職業能力開発協会賞を頂いた事は、

大変ありがたく思っております。審査して頂いた関係の方々にもお礼申し上げます。





| ホーム |


 BLOG TOP