検索フォーム

プロフィール

表具職人

Author:表具職人
表具・表装(掛軸・修理・修復)を行っています。大阪市の表具店、春榮堂の三代目です。
表具師の仕事が少しでもお伝え出来れば幸いです。

最新記事

カテゴリ

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

刺繍袱紗の額装 その1 丸額

袱紗 丸額

刺繍袱紗の額装のご依頼です。

とても立派な高砂の翁の刺繍です。

最近では袱紗を使われる事も少なく成って来ましたが、

この様に額装にされて、ご鑑賞されるのも素晴らしい事だと思います。

根来塗りの丸縁(直径66cm)で表面にアクリル板を付け、額装致しました。

※光が反射するので写真撮影時はアクリル板を入れていません。


刺繍袱紗の額装 その2 アクリル額

袱紗アクリル額 大

前回の丸額と同じお客様の、刺繍袱紗の額装です。

やはり、とても立派な刺繍です。

この額は、洋間に掛けて良い様に額縁がアクリルで出来ています。

一般的なアクリル額(二枚のアクリル板を挟むタイプ)と違い、

通常木製やアルミで出来ている縁をアクリル樹脂で作りました。

表面はアクリル板で、縁もアクリル樹脂で加工し一体化しました。

通常入れる覆輪(作品の外側に廻す1~3mmの筋)は廻さず、

裂地部分(無地の布マット)は1寸(3cm)に成っています。

ご希望により、とてもシンプルな仕様にしています。

刺繍袱紗の額装 その3 アクリル額

袱紗アクリル額 小

袱紗アクリル額アップ

前回と同じお客様の、刺繍袱紗の額装です。

やはり、とても立派な刺繍です。

全部で3点の刺繍額装の内、2点をアクリル額で作られました。

下部画像はアクリル部分のアップです。

表面はアクリル板2mmで、縁もアクリル樹脂で加工し一体化しました。

裂地(布)部分のパネルは2cmの厚みです。

つまりアクリル縁は2.2cmの奥行が有ります。

ですが、とても透明感が有り美しいです。

壁が透けて見えるだけでなく、側面から見るとパネルの側面に回した裂地もそのまま見えます。

画像は蛍光灯の映り込みが有りますが、現物はもっとクリアーで綺麗です。

ご希望通りの額装が出来上がり、お喜び頂けて誠に有難い限りです。

ティンガティンガ♪♪♪

ティンガティンガ 裏打ち前
 
ティンガティンガ♪♪♪

音の響きも好きですし、この可愛らしい作風が魅力的なティンガティンガ。

元々は、布を木枠に張り描かれていた為、外されシワシワの状態です。

下部に1m差しが有ります。サイズは100×80cmで、大きいですね。

裏打ち作業をして、額に収めます。


【ティンガティンガ絵画のご説明】
アフリカ タンザニア ダルエスサラームにおいて、
エドワード・サイディ・ティンガティンガが生み出したポップアートの手法。
エナメルペンキを使い、主に動物や植物などの自然が描かれる。
創始者のエドワードが美術の教育を受けていなかったこともあり、
自由な作風が特徴的である。


ティンガティンガ♪♪♪ その2

ティンガティンガ 裏打ち後

ティンガティンガ♪♪♪

音の響きも好きですし、この可愛らしい作風が魅力的なティンガティンガ。

裏打ち作業が終わり、額に仕立てました。

作品が大きい為、マット(作品の回りの布など)などは不要で、角丸の細い縁にし

シンプルに仕上げる事が、お客様のご希望でした。

作品サイズ100×80cmは大きく、アフリカの動物達のいきいきとした姿が、

描かれた魅力的な作品です。

※光が反射するので写真撮影時は入れていません。


【ティンガティンガ絵画のご説明】
アフリカ タンザニア ダルエスサラームにおいて、
エドワード・サイディ・ティンガティンガが生み出したポップアートの手法。
エナメルペンキを使い、主に動物や植物などの自然が描かれる。
創始者のエドワードが美術の教育を受けていなかったこともあり、
自由な作風が特徴的である。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE